PIA LIVE STREAM(ぴあライブストリーム)のULIZA配信をスマホやタブレットのブラウザアプリで全画面視聴するとタブバー(URL等)が残ってしまうのを解消する方法

スポンサーリンク

記事を書こうと思ったきっかけは、ネットで情報を探しても明確な解消方法が見つけられずに、後に自己解決したからです。きっと、他にも困っている人がいると思って書きました。

お急ぎの方は、下の方の「解消方法」の見出しのところに記載しています。なんだ、そんなことかと思う内容です。

調べだした経緯

9月中旬頃、私の大好きなB’zが10月31日より毎週土曜日に5周連続で無観客配信ライブをするとの情報が入りました。以下ですね。

B’z初・5週連続無観客配信ライブ「B’z SHOWCASE 2020 -5 ERAS 8820- Day1~5」開催決定!!

なんと、9つもの配信メディアで配信するとのことです。どの配信メディアで視聴しようとか見ていたら、ファンクラブ会員向けに特典映像(インタビュー)付きの配信メディアがありました。それが「PIA LIVE STREAM・B’z PARTY会員専用版」でした。私はファンクラブに入っているので、必然的にそれ一択となりました。

さて、視聴する配信メディアは決まりましたが、自宅での視聴環境を決める必要がありました。当初、ノートパソコンからHDMI出力でテレビに繋いで、ゆったりと見ようと考えたのですが個人的な問題がありました。それは、以前よりノートパソコンの調子が悪いということです。デスクトップパソコンもあるのですが、その部屋にはテレビはなく、見るとしたらパソコン机で仕事をするかのような姿勢で見続けなくてはいけないといことです。しかし、幸いにもタブレットがあるので、タブレットからHDMI出力をしてテレビに接続することに決定しました。

しかし、タブレットでPIA LIVE STREAMのサンプル動画を表示させると今回記事として取り上げた「タブバーが残る」問題に直面しました。ちなみに、PIA LIVE STREAMの専用アプリはなく、ブラウザアプリでPIA LIVE STREAMのサイトを表示させて視聴する状況となっています。

PIA LIVE STREAMの配信プラットフォームには、ULIZAとVimeoというのがあります。視聴者が選択できるものではなく、主催者がどちらで配信するか選択するとのことです。ほとんどのライブ配信がULIZAになっています。B’zの配信もULIZAでした。Vimeoのサンプル動画をタブレットやスマホのブラウザアプリで全画面表示しても問題無いのですが、ULIZAで全画面表示するとタブバーが残ってしまいます。

この件については問題があるのか、サンプル動画の紹介ページにも以下のような説明が補足されています。

■ 視聴ページの全画面モード表示について
iPhone等一部端末において、全画面視聴時にタブバー(URL等)が残ってしまう事象が発生する可能性がございます。解消方法として以下をお試しいただけますと幸いです。
・先にスマートフォン及び画面表示を横向きにしてから、全画面モードに変更を行う
・「設定」で「Safari」を選択する > 一般の中にある「タブバーを表示」をオフにする※iPhone 
⇒iPhoneでの設定方法はこちら

・視聴ページ以外のタブを全て閉じる

どれも試しましたが、一向に解決しませんでした。あんなタブバーが残ったまま視聴しても配信ライブを楽しめるわけがありません。

そこで、メールで問い合わせをすることにしました。回答は早く2時間程で返ってきましたが、定型文的な回答で解決には至りませんでした。

そんなとき、自己解決する日が突然やってきました。「あ~ぁ、パソコンなら問題なく全画面表示できるのに、なんでスマホやタブレットはダメなんだろう。」と思ったときに「そういえば、ブラウザアプリにはスマホ(モバイル)表示形式とPC表示形式があったなぁ。」と、、、

映画/ドラマ/アニメ/電子書籍を観るならU-NEXT(ユーネクスト)。名作はもちろん最新作も!動画230,000本以上、電子書籍650,000冊以上のラインアップです。

解消方法

もう、おわかりですね。解消方法を述べますと、ブラウザアプリの設定で「PC版サイトに切り替える」と解決します。

Google Chromeなら「PC版サイトを見る」を選択します。
Safariなら「デスクトップ用Webサイトを表示」を選択します。

どちらも試しました。なんでこんな明確な解消方法が、PIA LIVE STREAMの公式サイトに書かれていないのかと不思議に思いました。

というわけで、同じ悩みを持っている人の解決に繋がればと幸いです。

2020年11月02日 追記

B’zの配信ライブDay1を見られましたでしょうか? おかげさまで、私もテレビに接続してゆったりと堪能しました。本記事のアクセス数ですが、記事を投稿してからの1日のアクセス数は0~2でしたが、配信日の5日前ぐらいからは平均7アクセス数になりました。そして、10月31日の配信当日は71アクセスになり、11月01日のアーカイブ配信日は44アクセスを記録しました。やはり、みんな困っていたのだなと実感しました。

B'zの記事をまとめました。 ...
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする